手探りのANA SFC修行 2017

2017年5月にSFC修行を解脱しました。いろいろ先人のプログで調べていましたが、考えてばかりしてても前に進まないので手探りで始めました。なんとかプラチナまでは達成できました。

ダイヤ修行 ーギャラクシーフライト(やっぱり疲れました)ー

こんにちは!!

Pipinです。

 

現在、ダイヤ修行の真っ最中です。

SFC修行の記事もまだ全部書けていませんが、

順不同になりますが先日行ってきたギャラクシーフライトについて書きたいと思います。

最近は、忘れない内に書いたほうがいいと思うようになりました。。。)

 

f:id:trysfc:20170730093902j:image

 

ギャラクシーフライトは、SFC修行においてはPP単価が6.7円と効率的なので非常に人気?があります。

また、金曜日の羽田夜発(22:55)で、土曜日の早朝(5:55)に羽田着と時間も有効に使用できます。

深夜なので、少し抵抗がありましたが、話のネタに挑戦しました。

(結論が先になりますが、非常に疲れました。)

また、最後にちょっとした注意事項も記載しました。

 

以下が、予約時の画面ですが、旅割75で他の便と比べて格安ですね!!

f:id:trysfc:20170730085021p:image

 

しかし、予約時に予約画面を見ていると往路の羽田発には、更に安い便が用意されていました。(以下が実際の予約時の画面です。) 

 f:id:trysfc:20170730084956p:image

 

片道運賃が、8,890円なので、PP単価は、6.0円になります。

しかし、会社を午後から休む必要がありますが、

私の場合、安さに目が眩んでついつい予約してしまいました。

 

このような時間に沖縄に着くなら、那覇市内に出る時間的な余裕もあると思い、

いろいろ、当日の計画・作戦を考えている内に往路は夕食時になるので、プレミアムクラスでもちょうどいいな?

と考えていて、ダメもとで空席待ちを申し込んでいたら、見事空席が出たとのこと。

(これは、プラチナ事前のおかげなのかは良く判りません。)

結局、往路は、プレミアムクラスでPP単価は8.7円で、ごくごく平凡なものになりました。

(PP単価が8.7円でも非常に優秀なのですが、6円台のPP単価を見ているとなんか“平凡”に感じてしまいます。)

 

既に、SFCを取得しているので、ラウンジ、優先搭乗を利用できるので、プレミアムクラスの魅力は少し減りますが、やっぱりプレミアムクラスはいいですね!?

 

今回?もラウンジでゆっくりしすぎて、優先搭乗どころかほぼ最後の搭乗になりました。(実は、この前のOKAーSINタッチの最後の沖縄行きで、ラウンジで寝過ごして予約した便に乗れなかったので、今回は非常に緊張して待っていましたが、やっぱり遅くなりました。。。OKA-SINタッチは、別途ご報告します。)

 

私が他のプレミアムクラスのお客様とズレて途上したので、飛行機がシートベルトのサインが消えてからCAさんが、ご挨拶に来てくれました。

その時に、お飲み物を聞かれたので、ビールを頂きましたが、周りでビールを飲んでいるのは私だけになってしまい、何か特別な感じがしました。。。

 

 ここからは、いつもの?プレミアム御膳です。

いつも思うのですが、この味噌汁は格別に美味しいと思います。

出汁がよく効いているせいでしょうか?

それとも温めるだけで調理直後の状態に近くなるからでしょうか?

御膳自体も美味しいですが、他の物は温め直しているので、若干違和感があります。

それらに比べて、味噌汁はストレートに美味しいと思います。。。

 

f:id:trysfc:20170730085131j:image

 

 

 

f:id:trysfc:20170730114145j:image

 

 

これもいつものアイスです。

黒糖アイスと塩アイスが出てきますが、どちらも美味しいです。

でも、この硬さにはちょっと閉口しますね。。。

私の場合、寝ていて起きた時に遅れて頂きましたので、更にカチコチになっていたようです。

(もう片付けて、しっかり凍らせているところから頂いた感じがしました。)

今回は、空席待ちからのプレミアムクラスなので、1Dで3列の通路側でしたので、退屈で直ぐに寝てしまいました。。。

f:id:trysfc:20170730094129j:image

 

ようやく、那覇に到着です。

夜に、お腹が空いたら困るので、到着ロビーでポークたまごおにぎりを1つ買って、

いざ那覇へ。。。

 

那覇も非常に蒸し暑くて、フラフラでした。

いろんなところで時間を潰しましたが、結局写真も撮らずぶらぶらしていただけでした。

 

 那覇で深夜1時が近づいたので、もうそろそろ空港で待ってようとタクシーで空港に向かいました。

流石に、空港は真っ暗でしたが、深夜のフライトがあるので、当然空港内で待ってられると思って出発ロビー(3F)でタクシーを降ろしてもらいました。

しかし、まだ、出発ロビーは閉鎖されたままでした。

もちろん、到着ロビー(2F)は、入れそうでしたが、3Fのタクシーを降りた外から歩いて,2Fへは移動できません。

結局、スカイマークの便が、3:00にあるので、それに合わせて1:30に出発ロビーが開くまで暗い外で待ってました。

同じような人が来て、結局20人位の人が外で待っていました。

これが、最初に書いた『注意事項』です。

みなさんも気をつけてください。。。

 

ANAの出発ロビーは、おそらく2:00に開きました。(はっきりした記憶がないのですが、そのくらいの時間でした。。。)

 

2:00になり、やっとチェックインできることになりました。

 私の場合は、カウンターでのチェックインは必要ないので、カウンターの上に表示されているギャラクシーフライトの画面を記念撮影。

f:id:trysfc:20170730093902j:image

 

ご案内も出ていました。 

 

f:id:trysfc:20170730094015j:image 

朝に羽田に着いたときは、しんどくてなんかフラフラでした。

結局その日は、何もできず夜も早く寝ました。

私も、またギャラクシーフライトを使うかどうかは、非常に微妙ですね。。。

値段が安い(PP単価が安い)ことや夜の時間を利用できることは非常に魅力的ですが、私の場合は、その後の疲れが残らないことも非常に重要だと感じました。。。

 

 最後に

最後まで、お読み頂きありがとうございます。

まだまだ、プログを書くのは素人ですので、“読みやすいプログになっているのか?”

心配です。もし、ご意見・アドバイスが頂ければ幸いです。